スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.8 『FROMの配置を変更する(VisualDSPサンプル)』の巻

FROMの配置変更

 

  ここではVisualDSPサンプルアプリにて、mp3ファイルの配置を変更する手順について説明します。

  使用しているPCに『VisualDSP++』がインストールされていることが、前提として話を進めます。

 

  ① VisualDSPサンプルアプリ環境(付属CDの「toppers」フォルダ)を、適当なディレクトリにコピーする。

    (鮫男はCドライブ直下にコピーしました)

 

  ② 下記フォルダにある『talkthroguh.dpg(VisualDSP++ Project Group)』を開きます。

    (VisualDSP++が起動されます)

    格納フォルダ : \toppers\V310\jsp\tools\blackfin-vdsp\talkthrough_isct_bf533seb

グループプロジェクトファイル 

Group Project File

 

    このサンプルアプリは3つのプロジェクトから構成されています。

    ・libkernel・・・・TOPPERS(RTOS)ライブラリ(dlb)

    ・talkthrough ・サンプルアプリ本体(dxe)

    ・ad1836a・・・・音声コーデック(ad1836)ライブラリ(dlb)


 

プロジェクト構成

プロジェクト構成


  ③ 変更が必要なソースファイル(processing.cpp)を開きます。

 

変更ソース

 変更ソースファイル選択

 

  ④ ソースファイル(processing.cpp)を修正します。

    下記の囲み部分をmp3ファイルの配置、及びサイズに応じて修正して下さい。

 

Vol8 ソース修正箇所 

 

     例)下表のように変更する場合

       再生順:

        001.mp3→002.mp3→003.mp3→004.mp3→002.mp3→004.mp3→001.mp3・・・・・

 

配置例

       修正は以下のようになります(赤字が修正箇所)。

        static struct T_MP3_DATA sw1Mp3Address[MP3_LOOP] = {

                               0x01050000, (65536*1),

                               0x01060000, (65536*3),

                               0x01090000, (65536*1),

                               0x010A0000, (65536*3),

                               0x01060000, (65536*3),

                               0x010A0000, (65536*3),

       };

 

  ⑤ ビルドを行います。

ビルド

 ビルド開始

 

    ビルドが完了すると下記のダイアログが表示されますが、ここでは気にせず「Cancel」して下さい。

   (このダイアログは必ず表示されるとは限りません)

セッション選択メッセージ

No Session Selectedダイアログ

 

    ※ サンプルアプリのdxeファイルは下記フォルダに作られます。

       \toppers\V310\jsp\tools\blackfin-vdsp\talkthrough_isct_bf533seb\release

 

  ⑥ ビルドしたサンプルアプリ(dxe)、及びmp3ファイルをFROMに書込んで下さい。

    FROMへの書込み方は、「Vol.5 『サンプルアプリを書込む』の巻」を参照して下さい。

 

 

スポンサーサイト

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

Vol.7 『VisualDSP サンプルを動かす』の巻

 VisualDSPサンプルアプリの動作

 

  サンプルアプリには、2つの機能があります。

 

  ① mp3ファイル再生機能

    SW押下により、予めFROMに書込んでおいたmp3ファイルを再生する機能です。

    デフォルトのFROM配置は以下の通り。

 

FROM配置

   Vol7 FROM配置 VisualDSP.JPG

  

    SW押下毎に下記の順でmp3ファイルを再生します。

  

Vol7 サンプル動作 VisualDSP 

 

   ② トーク・スルー機能

     入力端子から入ってきた音を、出力端子に出力する機能です。

     ※ PizzaFactoryサンプルアプリと同様の機能。 

 

テーマ : 初心者のために・・・
ジャンル : コンピュータ

FLASH文字時計
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

小判 鮫男

Author:小判 鮫男
ブログの管理人です。
どうぞよろしく。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。